カテゴリ:purifying essence( 6 )

ワイルドポテトブッシュ

64.ワイルド・ポテト・ブッシュ
-:意気消沈している状態、足手まといとなっていると感じている状態
+:前進する力を得る、自由になれる、情熱を取り戻すことができる

このエッセンスは古い自分の殻を破り、新しい一歩を踏み出そうとしてもなかなかできない人に最適です。このエッセンスを摂ることで人は情熱を取り戻し、前へ進む勇気を与えられます。
[PR]
by kohanana22 | 2009-08-30 10:47 | purifying essence

ドッグローズ

17.ドッグ・ローズ
-:怯えている、恥ずかしがり屋、自信をもてない人、周囲に気を使いすぎている人、神経質な人
+:自信が湧く、勇気付けられる、自分の人生を受け入れられるようになる

この花の特徴は、垂れ下がった花が、まるで打ち負かされて落ち込んで肩を落としている人のように見えることです。このエッセンスは恐れに対して効果があります。恐怖感ではなく、神経質な些細な不安に対して働きかけるのです。
恐れを克服することで活力や勇気を増し、人生の質が向上し、再び勇気と自尊心が得られます。また、このエッセンスは恥ずかしがりやだったり、自分に自信がなかったり、気が小さくてナーバスな人たちに最適です。
[PR]
by kohanana22 | 2009-08-30 10:46 | purifying essence

ダガーハキア

16.ダガー・ハキア
-:憤慨している状態、親しい家族や友達、恋人に対して恨みを感じている状態
+:許しの気持ちが培われる、気持ちを素直に表すことができるようになる

この枝は長くしなり、葉っぱは針のようです。「ダガー」は短剣を意味します。
ブッシュ・ウォーキングのとき、前方を歩いている人がこの枝を掻き分けて進み、手を離すと後ろの人の顔や体に当るため、隊列の中から次々に「くそっ」「痛い!」などの言葉が聞こえてきます。
このことから「憎悪」や「嫌悪感」「恨み」と関連性があることがわかります。

このエッセンスはずっと親しくしていた人達(家族や恋人同士など)にわだかまりや恨み、怒りを感じているときに最適です。(誰に対してもこのような感情を抱くなら36.マウンテン・デビルです)
この怒りは通常表面に表れません。感情を外に表現し、相手を許すことを助けてくれます。
このエッセンスを摂ることで、相手がたとえ悪いことをしても、その裏には愛があるというのを認識させてくれます。
人間的な感情の部分を乗り越えるのは難しいことが結構ありますが、このエッセンスはスピリチュアルな観点からそれを助けてくれます。
不思議なことにこのエッセンスを摂り始めると、ケンカ相手から電話がかかってきたりします。エネルギーシフトが起こるからです。
意外にも教会の牧師にダガー・ハキアを摂ってもらうと神に対する怒りの気持ちが表出することがあります。

たとえば年に最低一回、お正月などにこのエッセンスを飲んで「赦しのプロセス」を行うのもいいでしょう。「赦しのプロセス」とは相手とつながっているエネルギーコードを断ち切ることで相手への悪感情を解消することです。詳細は書籍『オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンス』P92~に述べられています。

イアン氏推奨の花粉対策:13.ブッシュ・アイリス+16.ダガー・ハキア+22.フリンジド・ヴァイオレットが効果があるとのこと。免疫システムを強化してリンパの流れをよくし、オーラを修復してくれます。
[PR]
by kohanana22 | 2009-08-30 10:45 | purifying essence

ブッシュアイリス

13.ブッシュ・アイリス
-:死を恐れている、唯物主義者、神を信じない人、むくみ、免疫系の症状
+:スピリチュアリティにめざめる、第三の目を開くことをサポートする、信仰心や霊性が高まる、死を移行期として受け入れられるようになる

このエッセンスは第三の目を開けてくれるので意識が高まります。ワーカホリックや物質主義者、無神論者の意識のレベルを上げてくれます。
瞑想を始めたばかりの人、スピリチュアルな意識の成長を始めたばかりの人に最適です。

深く死を恐れている人にも効果があります。死を目前にした人にあげるとスピリチュアルな世界があることに気づき、霊的なサポートが訪れていることを認知し、静かに穏やかに光の世界に導かれるようになります。こうして魂が肉体を離れ、霊的次元へと旅立つ助けをしてくれるのです。
また、臨終時の鎮痛剤の必要性を減少させることができます。生への執着心があると痛みを余計感じるものですが、それがなくなることで痛みが緩和されるからです。

飲ませ方は6週間続けてちょっと休んでまた始めます。(休ませるのはエッセンスのエネルギーを落ち着かせ、定着させるためです。)

このエッセンスはリンパ系システムと免疫系の症状にも作用します。従ってむくみ、発疹、頭痛、花粉症、風邪、アレルギー症状にも効果があります。
イアン氏推奨の花粉対策:13.ブッシュ・アイリス+16.ダガー・ハキア+22.フリンジド・ヴァイオレットが効果があるとのこと。免疫システムを強化してリンパの流れをよくし、オーラを修復してくれます。
[PR]
by kohanana22 | 2009-08-30 10:43 | purifying essence

ボウニヒア

ボウヒニア :

4.ボウヒニア
-:変化に対して抵抗感を感じている、硬直状態、やる気が起きない
+:新しい考えやものの見方を受容できるように、偏見のない広い心が持てる

この花は中指を立てた状態に似ています。つまり嫌って批判的になっていることを現します。

初め、イアンがこの木を前にしたとき、どんなことに効果を発揮するエッセンスなのか、何の情報もメッセージも与えられませんでした。
するとスピリットガイドから「その木を抱け」と言われました。
が、彼は嫌がりました。なぜなら、木の肌がボロボロでとても汚かったからです。どうしても抱きたくありませんでした。
それでもスピリットガイドは「その木を抱け」と命令するので仕方なくハグすると、途端に情報が一気に彼の中に流れ込んできました。
真っ先に伝わったメッセージは「己の抱きたくないものを抱け」でした。

このエッセンスの効果は好きでないものを受け入れられることにあります。気に障る人や苦手な人、なぜかイライラする相手を心で抱きかかえることができるようになります。

また、新しい概念や考えを取り入れるときにも最適です。
例えば、自分たちと異なる生き方や習慣にとまどってしまったり、異国の人や文化に接してストレスを感じているときに、偏見のない広い心を持つことができるようになります。
(ただし人種的な偏見が抵抗の理由にあるなら51.スレンダー・ライス・フラワーが適しています)
新しいものを受け入れたいけれど、なじみがなくてなかなか適応できないときにも有効です。パソコンが苦手だけれどインターネットやメールはやりたい、などのように。

自分たちのやり方の枠から出られないような年配の方にもお勧めです。

ボウヒニアの木は固くてポキッと折れてしまいます。変化に柔軟に対応できないことを象徴しています。
つまり、体が固くて関節炎を患っていたり、動脈硬化を起こしている人、感情面では柔軟性がない人に有効といえます。

ヨガをするときに部屋にスプレーすると体を曲げる助けになります。

同じように変化に対応するエッセンスとして10.ボトルブラシがありますが、こちらは変化が起きた最中をサポートします。
ボウヒニアは変化が起こる前に心構えとして助けてくれるのです。
 
[PR]
by kohanana22 | 2009-08-30 10:42 | purifying essence

オーストラリアブッシュ ピュリファイング にっき

一日目、第一回。

のんでから、少し眠くなったような・・?味は美味しくないので、
今までは少しの水にたらして飲んでいたけど、水をたくさん用意しておかなきゃ。
[PR]
by kohanana22 | 2009-08-07 02:56 | purifying essence